« カランコエ | トップページ | ハナニラの花が咲きました »

2008年3月16日 (日)

久々に起動

Kc270033

久々に家のジョニー5を起動しました。

冬に入ってから、ライトアームエラーが出て「直さなくちゃ」と思いながら、寒くて動かしていませんでした。

腕のモーターボックスまで分解してから気づいたのですが、モーターがちゃんと動いているのかは、アームボードが見えるくらいの分解で良かったです。

先にアームボードのモーターのコードを外して3Vの電池で動くか確かめれば良かったです。

分解して、ギアを入れて3Vで動くか確かめたり、蓋をして確かめたり、胴体に装着して確かめたりとずいぶんと遠回りしてしまいました。

エンコーダーを取り付ける時によく見ると、平らなところがあって、かみ合うように出来ていました。

でもマイロボットの作り方の本には、かみ合わせのことは書いていなかったです。

一応、かみ合うところがセンサーがエンコーダのスリットの最初のところに当たっていたので、そのまま取り付けました。

ライトアームエラーは出なくなりましたが、アームの動きはなぜか不安定です。

今は左アームが少ししか動かなかったりしています。

リモコンでジョニー5を動かしてみました。

声だと他の音があると反応しないので、リモコンで動かせるのはやっぱりいいですね。

マイロボットを作っている人のブログで改造しているのを見ていると、私もしたくなります。

バックパックにユニリモコンを内臓させて、反射用に銀の玉を風船のようにして取り付けているのはやってみたいと思いました。

追記

マイロボットのお助け掲示板を良く見たら、腕のモーターボックスは1.5Vで回らないといけないみたいです

また分解しないとダメですね。

お助け掲示板の「モーターとモーターボックスの動作確認をしましょう!」の返信41のところを参考にしてみます。

Kc270034

モーターのチェックは有り合わせの物を使いました。
電池入れっぱなしで5分位したら、発熱してびっくりしました。

|

« カランコエ | トップページ | ハナニラの花が咲きました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に起動:

« カランコエ | トップページ | ハナニラの花が咲きました »